「人と環境に優しい」「独創的な発明」

子供を抱える父親と母親

日革研究所はダニの生物学的な研究を行い、安全性の高い、より効果的なダニ対策製品の開発を20年以上続けています。きっかけは創業者の初孫がダニアレルギーによる重症のアトピー性皮膚炎だったことです。
「母子ともに苦しんでいる姿をみてなんとか助けたい一心で研究を始めました。」
自分の孫、そしてアレルギーに悩む全ての家庭で安心して使えるモノでなければならないと考え、化学性殺虫剤は一切使用しないことを決めました。

ダニを科学する

研究員

これまで日革研究所では、ダニの生態と行動に基づいた研究と製品開発を進めて参りました。しかし、近年の目覚しいバイオテクノロジーの発展に対し、日本で屋内ダニ研究が遅れている現実を打破するために、2014年10月より、分子生物学的な研究も可能とした新たな研究開発室を開設いたしました。 「ダニを科学する」ことをテーマに、ダニの生態・行動のみならず、分子生物学的手法を取り入れた研究活動を進め、ダニ研究の深化と新しい製品開発を目指し、人々の健康的な生活に貢献して参ります。

「日革研究所のモノづくり」~全てのプロセスを自社で行っています~

私たちは、全てのプロセスを自社で行うことによって、よりお客様に満足していだだける商品づくりが実現できると考えております。
お客様の声を真摯に受け止め、よりお客様に愛される製品をお届けできるよう、製品改善に取り組んで参ります。