「海外旅行先のホテルのベッドでダニに刺された。」
「なぜか海外から帰ってきてからダニに悩まされるようになった。」

お客様からこのようなご相談をいただくことがあります。

今では、海外旅行に行くことは当たり前の時代になりました。
日本人の海外旅行者数が1712万人まで達し、その人数は年々増え続けています。
(出典:法務省入国管理局「日本人出国者数2016年」)

旅行のプランも、ネットやSNSの普及によって、自分たちでオリジナルの旅行プランを考える、いわゆる「個人旅行」も増えているようです。
そのため、宿泊先は比較的安価なホテルにして、レジャーやアクティビティ、ショッピングにお金を使っている人も大勢いることでしょう。

そして安価なホテルに滞在したことで、ダニやその他の虫の被害に合うケースが発生しているのだと思われます。

もちろんダニは日本だけではなく海外にも存在します。
では、日本と比べて海外にはどのくらいのダニがいるのでしょうか?

ダニ研究機関の日革研究所で、各国の一般のご家庭にダニ捕りロボ(海外名:Ninja ROBO)を使用していただき、どれだけのダニ数が捕獲されているかの調査を実施いたしました。

今回は、各国のダニの捕獲調査の結果と、海外旅行に行く際の荷造りから帰宅までにできるダニ対策と合わせてご紹介したいと思います。

1. 各国の一般家庭で設置したダニ捕りロボモニター結果

各国に住んでいる数世帯の一般のご家庭でダニ捕りロボ(海外名:Ninja ROBO)の設置にご協力いただきました。
今回は普段使用しているベッドにダニ捕りロボを3ヶ月間設置していただき、ベッドにダニが何匹捕獲されているかを日革研究所で調査いたしました。

ホテルベッド

1-1. アメリカ

ロサンゼルス
2010/4/20設置開始
チリダニ ツメダニ
A様
376
3
B様
484
2
ダーラム
2010-4-22設置開始
チリダニ ツメダニ
C様
2627
D様
10843

1-2. 台湾

2010/7/1設置開始 チリダニ ツメダニ
A様
427
3
B様
435
7
C様
631
19
D様
882
71
E様
1250
37

1-3. 香港

2009/8/1設置開始 チリダニ ツメダニ
A様
820
32
B様
380
57
C様
545
14
D様
293
13

1-4. シンガポール

2014/11/23設置開始 チリダニ ツメダニ
A様
1715
B様
775
C様
572

1-5. 韓国

2010/6/14設置開始 チリダニ ツメダニ
A様
1504
B様
1522
C様
1213
D様
3008

1-6. 上海

2009/5/6設置開始 チリダニ ツメダニ
A様
553
B様
2546
C様
1343
D様
1044
E様
499

国によっては、人にカユミを与えるツメダニが多く捕獲されたところもあります。

また、個人の環境によって捕獲数がまちまちですが、どの国にもダニが存在することがお分かりいただけたかと思います。

2. 各国にダニがいる理由とは?

繁殖条件

上記の調査結果のとおり、チリダニの3つの繁殖条件がある場所であれば、どの国であろうとダニがいることが分かります。

チリダニは高温多湿の環境を好みます。日本は温暖な気候の島国で四季もあるため、世界で有数のダニ汚染地帯と言われています。

ここでは、日本と各国の7月の平均の温湿度の違いを比較いたしました。
一部を除くと、どの国も繁殖条件の1つである湿度60%以上を満たしています。
また人間の皮膚は1日に4gが剥がれ落ちているので、それらがダニのエサになります。
人間がいるところには常にダニがいることになります。

(※出典元:ダニのはなし 島野智之・高久元)

2017年7月平均 温度(℃) 湿度(%)
日本
27
76
アメリカ(ロサンゼルス)
24
46.1
アメリカ(ダーラム)
24
69.2
台湾
30
71.3
香港
29
75.7
シンガポール
28
80.9
韓国
23
81.1
上海
28
78.2

3. 海外から我が家にダニを持って帰らない方法とは?

キャリーバッグ

ダニ被害に悩まされてからでは遅し。
海外の現地で薬などの調達することはかなり難しい。
手軽に持ち運びができるダニ対策商品の「ダニ捕りロボ」も持ち物リストの1つに追加しましょう。

備えあれば憂いなしです!

3-1. 海外に行く前からダニ対策は必須

あまり出し入れや掃除が行き届かないスーツケースにダニがいると、その中に入れる服や持ち物にダニが付着する可能性があります。
そのため、荷造りする段階でスーツケースの中に「ダニ捕りロボ」を入れてしまいましょう。

3-2. 滞在中のホテルのベッドにもダニ対策

滞在中のホテルのベッドはいろんな人が利用しています。
特に安価なホテルは掃除がなかなか行き届いていないのも事実です。
スーツケースの中に入れていた「ダニ捕りロボ」を自分が寝るベッドに設置することで、安心して就寝できます。
海外旅行はとにかく体力勝負。しっかりと就寝できる自分に合った環境づくりをすることも重要です。

3-3. 荷物と一緒にまとめてダニ退治

滞在中はいろんなところに遊び回っているため、服やカバンなどにダニが付着している可能性が非常に高いです。
帰国の荷造りの際は、滞在中に買ったお土産や使用した服などと一緒に、ベッドで設置した「ダニ捕りロボ」をいれることで、最後までしっかりとダニ退治できます。
日本の我が家にダニを持ち込ませないようにしましょう。

海外旅行の必需品「ダニ捕りロボ・ダニ捕りマット」でダニ退治しましょう!

商品ラインナップ

ダニ捕りロボ
~交換タイプ~

お部屋の個別スペースに最適

ダニ捕りマット
~使い捨てタイプ~

大切な家族がくつろぐ場所に最適