年間を通してダニが増えやすい時期は6月、7月、8月となっており、今この時期はダニが大繁殖する季節です。

ダニは布団、ソファ、ラグだけではなく、意外なところにも潜んでいるのです。

実は、どの家のキッチンにもある小麦粉をはじめ、便利なホットケーキミックスやお好み焼き粉などの「粉もの」にもダニがいるのです。

「どうしてダニが粉ものに繁殖するのか?」
「どのような保管方法をすればダニが増えないのか?」

ダニの研究機関である「日革研究所」がお伝えしていきます。

1. 食品にダニが増える理由とは?

「ダニ」といえば、寝具、カーペット、ソファ、ラグの中や、ほこり・ハウスダストの中にいるものというイメージがあると思います。

そうした場所はもちろんですが、ダニの繁殖する条件が整っていればどこにだってダニはいるのです。

1-1. 食品庫はダニが繁殖しやすい環境

ダニの繁殖する条件は以下の3つです。

① 湿度 60%〜80%、温度25℃〜30℃
② エサが十分にある
③ 潜って卵を産める場所がある

ダニは人間のフケやアカが好きなので、布団、ソファ、カーペットなどに多くいます。
また、キッチン周りの食品庫も開け閉めが少ないので高温多湿な場所となり、ダニの繁殖にとって好条件の空間となります。
夏場は冷蔵庫に入れて保管するものが多く、どうしても粉ものまで入れることができず、輪ゴムなどでとめてキッチンまわりに置いている人も多いのではないでしょうか。

ダニは0.4mmとかなり小さいため、知らず知らずのうちに輪ゴムやクリップでとめているすき間から混入して、食品の中で大繁殖してしまいます。

1-2. ダニは旨み成分などを含む粉類が好き

ダニはどんな食品でも好むわけではありません。
ダニはでんぷんやたんぱく質、旨み成分などを多く含むもので繁殖しやすく、お好み焼き粉やホットケーキミックス、粉ミルクといった粉末食品で繁殖します。

今回、日革研究所では旨味成分の多い「お好み焼き粉」でダニが増えるのかを検証してみました。

2. ダニを増やさない保管方法とは?

繁殖しにくい条件で保管する、もしくは早めに消費することがダニを増やさない方法です。
しかし、粉ものは1回で使い切るのはなかなか難しいですよね。その場合は、冷蔵庫に入れておけば問題なし!と言いたいところですが、実は冷蔵庫に入れていてもダニは死ぬことはありません。
日革研究所の実験では、長時間冷蔵庫に入れたダニを外に出すと、2分後には動き出すダニもいます。ダニは寒さや乾燥にも強いため、冷蔵庫に入れても死なないことが分かりました。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。(※ 音がでますのでご注意ください)

しかし、冷蔵庫にいれることでダニが冬眠状態になり、活動をしないので増えることはありません。
ダニを増やさない保管方法としては、冷蔵庫に入れる方法以外はありません。
一番いい方法は、使用直前に冷蔵庫から出して、終わったらすぐに冷蔵庫へ保管することで、ダニが入らないようにします。

キッチン周辺のリビングなどには、
ダニ捕りロボ・ダニ捕りマットでダニ退治しましょう!

商品ラインナップ

ダニ捕りロボ
~交換タイプ~

お部屋の個別スペースに最適

ダニ捕りマット
~使い捨てタイプ~

大切な家族がくつろぐ場所に最適