ダニ匹数検査サービスとは?

日革研究所グループは、お客様を第一に考え、自信を持って製品開発から商品お届けまでを行っております。 当社では、当社製品で実際にダニがどれだけ捕獲できたかを知りたいお客様に、ダニ匹数検査サービスをご提供しております。 ご使用いただいた当社製品「ダニ捕りマット」「ダニ捕りロボ」を検査し、屋内ダニの捕獲数および種類を調べることができます。

※こちらは有料サービスとなります。
※検査の実施は、「3ヶ月以上設置した製品」に限ります。
※当社製品は、基本的に屋内ダニのみ捕獲します。

検査方法

  1. 誘引マット内の誘引剤を、網目の大きさが異なる篩(ふるい)で、流水による篩分けを行いダニを洗い出します。
    網目の大きさは、1.7mm、212μm、40μmの順です。

  2. ワイルドマン・フラスコーガソリン浮遊法を用いて、浮遊層にダニを単離します。

  3. ブフネル漏斗を用いて浮遊層を濾過し、ろ紙にダニを展開します。

  4. 実体顕微鏡にてダニ数をカウントし、ダニの種類の同定を行います。
    青色に着色しているのは小さなゴミ等です。

動画でご覧になりたい方はこちらから

※動画は自社での検査方法を撮影したものです。

検査料金について

種類 価格(1枚あたり)
ダニ捕りロボプチ(P)サイズ 5,000円(税込み)
ダニ捕りロボレギュラー(R)サイズ 10,000円(税込み)
ダニ捕りロボラージ(L)サイズ 12,000円(税込み)
ダニ捕りマットS・小サイズ 15,000円(税込み)
ダニ捕りマットM・大サイズ 20,000円(税込み)
ダニ捕りマットA4サイズ(カタログハウス) 20,000円(税込み)

検査依頼から検査報告までの流れ

検査依頼から検査報告までの流れ フロー図

検査依頼に関しての注意事項

  • 3ヶ月間ご使用の当社製品のみ検査対象となります。
  • ダニ検査依頼書にご記入時は注意事項を必ずお読みください。
  • ダニ捕り商品を送付時、マットは上部のタック部分に使用期間・場所・複数枚の場合は番号をご記入ください。
  • ダニ捕りロボの場合は誘引マット(中身の白いマット)のみ送付してください。
  • ハードケース(白色)、ソフトケース(黄色)の本体は必要ありません。
  • その際、誘引マットに記入する欄がございませんのでマットを入れるビニール袋に使用期間、場所、番号等のご記入をお願いいたします。
  • 依頼枚数が複数枚の場合は、個別に分けてビニール袋へ入れていただき、必ず「ダニ検査依頼書」も同封してください。

ダニ匹数検査サービスをご希望やご相談は以下までお問い合わせください。

㈲ティシビィジャパンお客様対応係
0120-64-1790 (フリーダイヤル)

よくある質問

検査料がかなり高額に思いますが、何か理由がありますか?
検査方法はダニをフィルターでろ過し、特殊な溶液で分離した後、濾紙上に展開し実体顕微鏡や光学顕微鏡で1匹1匹数えます。 1枚の商品だけで検査にかなりの時間と手間を有するため、この検査料となっております。
検査サービス依頼してから、どれくらいの期間がかかりますか?
お送りいただきました製品の到着後から約1ヶ月のお時間をいただきます。
第三者検査機関に検査を依頼するのはなぜですか?
当社研究室でも検査は可能なのですが、検査結果を公平なものとするため第三者検査機関に依頼しております。