季節の変わり目に活用するのが 「押し入れ」「クローゼット」
前の季節に使っていた布団や衣類の収納に使用します。
また、毎日の使用する衣類にはタンスなどの「収納ケース」を使用します。

もしかすると、その収納スペースでダニが繁殖しているかも・・・

押し入れやクローゼットの収納スペースは頻繁に掃除する場所ではありません。

そのため、ハウスダストがたまりやすく(ダニのエサ)、特に夏は温度と湿度も高くなるため、押し入れやクローゼットでダニが大繁殖するための条件が整っているのです。

ダニが繁殖していると、洗濯やクリーニングした衣類や布団がダニのフンや死骸で汚れてしまい、次の季節に快適に使用できなくなります。

でも、押し入れやクローゼット、収納ケースにダニが本当に潜んでいるのでしょうか?

そこで、「押入れ」「タンス/衣装ケース」「クローゼット」のダニ調査を実施し、 各収納スペースのダニ汚染の実態や明日から実施できる収納スペースのダニ対策方法をお伝えします。

各収納スペースの製品モニター調査

押入れ02

モニター調査の概要は以下の通りです。

対象期間:2007年~2014年(日革研究所調べ)
「押入れ」に設置した検体数 289検体
「クローゼット」に設置した検体数 111検体
「タンス/衣装ケース」に設置した検体数 339検体

さらに、各収納スペースにおける最大捕獲匹数は以下の通りになりました。

「押入れ」の最大捕獲匹数 4740匹
「クローゼット」の最大捕獲匹数 761匹
「タンス/衣装ケース」の最大捕獲匹数 2820匹

今回は、外れ値を考慮した捕獲匹数の平均を比較しました。 「押入れ」の平均捕獲匹数を『1.00』とした時の比を示した結果が下記となります。

[ 平均捕獲匹数の比較 ]
押入れ : クローゼット : タンス/衣装ケース = 1.00 : 0.76 : 0.55

この調査結果からは、最もダニが多い収納スペースは「押入れ」であることがわかりました。

押入れのダニ対策とは

押入れ03

押入れでダニがたくさん捕獲された、つまり、押入れにダニがたくさんいたことを示しています。 そして、押入れにたくさんのダニが潜んでいる理由の一つが布団を収納しているためです。

お家の中でダニが最も多い場所の一つが「布団」です(もう一つが「カーペット」)。 そのため、収納前に布団のダニを退治しておかないと、押入れの中で拡散してしまうのです。

そのため、収納スペースのダニ対策の一つ目は、布団のようなダニが繁殖している収納物を収納前に退治することです。

ご家庭によっては、押入れに色々なものを収納しますが、ダニが隠れられる場所があり、 人の皮膚剥離物やホコリなどのダニのエサとなるものが多く存している「布団」や「座布団」は特に収納前の対策が大切です。

また、ダニが繁殖していたとしても、密封できる収納袋は収納物から収納スペースへのダニの拡散を防ぐことができます。 圧縮することでコンパクトに収納することができますが、圧縮しすぎると布団独特のふくらみを減少させるので注意が必要です。

最後に、布団などは日頃からのダニ対策で生きたダニを限りなく減らしておくということも、結果的に押入れでダニが繁殖するのを防ぐことにつながります。

そして、もう一つの押入れのダニ対策が、収納スペースに潜むダニを退治することです。

掃除機がけに加えて『水拭き(ハウスダストの除去)』『換気(湿度の低下)』を行い、ダニが繁殖しにくい環境づくりを心がけましょう。

より詳細な内容は過去の記事で紹介しています。
家庭でできるダニを増やさない掃除方法/布団・ソファ他

併せて、「ダニ捕りロボ」や「ダニ捕りマット」を使用して、人が見えない・気がつかない場所の生きたダニの対策を徹底することをオススメします。

クローゼットやタンスのダニ対策は?

押入れ04

まず、「クローゼット」は、小型のものからウォークインクローゼットのように大型のものまであります。しかし、対策方法に違いはありません。

フローリングと繋がっていれば、ハウスダストが溜まりやすいので、掃除機がけでエサとなるハウスダストを除去しましょう。

ただ、押入れと同様、衣装ケースを置かれる方も多く、こまめに掃除機がけするのが大変な場合もあります。 そんな時は、季節ごとに収納しているものを表に出して、掃除機がけや水拭きと乾拭きを実施して、清潔に保つことを心がけましょう!

次に、「タンス」や「衣装ケース」における主な対策場所は「引き出し」です。

そして、その基本的な対策が水拭きと乾拭きになります。こちらも頻繁に実施するのが大変な場合、服の入れ替え(衣替え)の時期に合わせてすると良いでしょう。

こうした収納スペースは頻繁に掃除できないため、置くだけで簡単に生きたダニの対策ができる「ダニ捕りロボ」や「ダニ捕りマット」もオススメの方法です。

まとめ

  • ダニ捕獲匹数が多かった収納スペースは「押入れ」
  • 押入れのダニ対策に大事なことは「ダニ汚染している収納物の対策と押入れ自身の対策」
    ・圧縮袋を使ったダニの封じ込め
    ・水拭きと乾燥で衛生的な環境づくりを目指す
    ・見えない/気がつかない場所にはダニ対策商品などを活用
  • 「クローゼット」の対策はハウスダストの対策
    ・掃除機がけでダニのエサとなるハウスダストを除去する
    ・行き届かない場所にはダニ対策商品などを活用する
  • 「タンス」や「衣装ケース」の対策は「引き出し」の対策
    ・水拭きと乾燥で衛生的な環境づくりを目指す
    ・見えない/気がつかない場所にはダニ対策商品などを活用

ツメダニやチリダニを直接退治できる「ダニ捕りロボ」はこちら!

商品ラインナップ

ダニ捕りロボ
~交換タイプ~

お部屋の個別スペースに最適

ダニ捕りマット
~使い捨てタイプ~

大切な家族がくつろぐ場所に最適