朝起きたらいつの間にか虫に刺されている
花粉症じゃないのに鼻水が止まらない
お布団で寝ているとよく咳に悩まされる

こうしたダニによる健康被害は年間を通して起こります

家屋環境の近代化によってエアコンなどが普及し、季節に関係なく人もダニも快適に過ごせるようになったためです。

でも、こうした環境変化は冬のダニの繁殖だけでなく、夏のダニ大繁殖にも大きく影響することをご存知でしたか? 実は、冬を越したダニは夏のダニ大繁殖の「種」なのです。

2103_02

冬を越した種となるダニが多ければ多いほど、春の暖かい気温や梅雨の湿気を通して、夏に一気にダニ大繁殖という花を咲かせます。 そして、夏に増えたダニの大群が冬を快適に過ごし、その大群が次の夏の種となる・・・。

できれば避けたいシナリオですが、これは誰にでも起こりえるのです。

そして、こうしたダニの繁殖を通して発生する主な健康被害が「ダニアレルギー」と「ダニ刺され」

2103_03

ダニアレルギーには「喘息」「鼻炎」「アトピー性皮膚炎」などがあり、一度持ってしまうと長期に渡ってとても悩まされます。 厚生労働省の報告によると、こうしたダニアレルギーは年々増加傾向にあります。 このダニアレルギーの原因となるのが「チリダニ」と呼ばれるダニです。

また、ダニ刺されは強いカユミを伴う虫刺されで、1〜2週間程度その症状が続くとされています。このダニ刺されはツメダニと呼ばれるダニが原因です。

つまり、こうしたダニによる健康被害を防ぐためには、 布団やカーペットの奥に潜む「チリダニ」とそのチリダニを捕食して繁殖する「ツメダニ」を年間通して退治することが大切です。

  • 秋冬は夏の大繁殖につながる種となるダニを退治
  • 春夏は大繁殖させないために残ったダニを退治

でも、一般的なダニ対策は季節によってその効果が変わります。言い換えると、冬に効果的なダニ対策が、夏でも効果的とは限りません。

そこで、ダニを大繁殖させない春夏のダニ対策をあなたにだけお伝えします。

2103_04

お部屋での滞在時間が長くなった今だからこそ、夏にダニ被害に悩まされない快適なお部屋環境を今日から作っていきましょう。

【3ヶ月間置くだけ】春夏のダニ対策を実施したい方はこちら! >>

では、春にどういったダニ対策を実施すればいいのでしょうか?

ダニの繁殖には「暖かい温度」「適度な湿度」「エサ」が大切です。 そのため、「温度」「湿度」「エサ」といったダニが増える環境要因を制御することです!

2103_05

外の気温や湿度が低い冬は、こまめに部屋を換気することで、ダニが繁殖しにくい環境づくりに大きく貢献していました。

春以降もダニがたくさん潜む布団などは睡眠を通しても温度や湿度が上がるため、溜まった湿気などを開放することができますが、春になり外気は暖かく、 湿度も上がってくるため、冬ほどの対策効果は見込めません。加えて、梅雨の時期は雨が多く、外の湿度の方が高くなるため、換気する場合は注意が必要です。

つまり、夏に近づけば近づくほど、温度や湿度の制御でダニをコントロールするのが非常に難しくなり、その効果も弱くなります。

だからこそ、春以降のダニ対策で大切なのはダニのエサを取り除くことです。 そして、その方法が「掃除機がけ」「洗濯」「水拭き/乾拭き」です。 これらのダニ対策は、同時にダニアレルギーの原因となるダニのフンや死骸(アレル物質)を取り除くこともできるのでオススメです。

2103_06

掃除機がけは場所を選ばずにダニのエサを取り除ける有効な方法です。吸引性能が弱いと奥に入り込んでしまったダニのエサを取り除くことができません。 そのため、吸引性能の高い機種を使用することをオススメします。

床面に使用した掃除機ノズルをお布団に使用することに抵抗がある方もいらっしゃいます。 そのような場合は、専用のノズルを使用することで衛生的に掃除機がけできます。

ただし、掃除機がけでは布団内部に潜り込んだ生きたダニを99%取り除くことができません。ダニの多くは内部に潜んでいるため、 ダニのエサを長期的に取り除くことで、緩やかに生きたダニを減らすことを目指しましょう。

2103_07

洗濯はダニのエサとなる食べかすやホコリ、微生物を除去することもでき、生きたダニが繁殖しにくい環境づくりができます。 特に水に溶ける性質を持つ「ダニのフン」に対して約90%もの除去効果が見込まれます。 水中に24時間生きたダニを浸漬しておいても、完全にダニが死ぬことはなく、洗濯ではダニを溺死させることができません。

乾燥機能を使うことで生きたダニを退治することは可能ですが、ダニが多いのは布団やカーペットやソファ。こうした大型の家財は洗濯機に入らないことが多いです。 そのため、洗濯乾燥ができる素材であれば、クッション・ぬいぐるみ・布団カバーなどのコンパクトな家財に対して非常に有効な方法です。

2103_08

水拭きはフローリング・押入れ・クローゼットのダニ対策にとても有効です。掃除機がけで十分・・・と思われるかもしれませんが、 掃除機で吸い取れない(こびりついた)汚れなども、水拭きで取り除くことができます。

水拭きのコツは、水でよく絞った雑巾で拭き取った後、乾拭きして余分な水分を除くことです。 余分な水分は汚れの元であり、また、周辺の湿度を上げてしまうため、ダニの繁殖にプラスに働く可能性があります。

ただ、表面のダニ対策である拭き掃除は、ダニが奥に潜り込める繊維製の家財(ダニが多い布団やカーペット)のダニ対策としては向いていません。

2103_09

「掃除機がけ」「洗濯」「水拭き/乾拭き」は一長一短があり、こうした対策を組み合わせて、ダニのエサだけでなくダニのフンや死骸も効果的に取り除くようにしましょう。

また、いずれの方法も生きたダニを直接取り除いたり、直接退治したりすることは難しいため、 すぐにダニがいなくなるわけではなく、長期的に実施することでダニのエサを取り除き、ダニの繁殖を抑えることが大切です。

これらの対策は1日0円で実施できます。夏にダニに悩まされないためにも、今日から春夏のダニ対策として取り入れてみてください。

2103_10

でも、一般的なダニ対策はダニのエサを取り除くことによる間接的なダニ対策になるため、ダニの数が顕著に減るまでに数週間から数ヶ月の時間がかかります。 そして、その間は、ダニアレルギーの原因となる生きたダニからダニの糞や死骸が発生し続け、また、ダニ刺されにも悩まされ続けるかもしれません。

だからこそ、生きたダニを直接退治することが理想なのです。

では、布団やカーペットの奥に潜り込んだ生きたダニをどうすれば退治できるのでしょうか?

それは、生きたダニを誘引して乾燥退治することです。

そんなダニ対策を1日18円で実現できるシートやマット商品をオススメします。

それが・・・ダニ捕りロボ!!

粘着テープでダニをくっつけて捕獲する製品は、ダニの体重が軽いため、一部の商品ではダニを捕捉しきれず、 製品内部でダニが繁殖することがあります。

でも、長年の研究の末に開発した日革研究所のダニ捕りロボは、吸湿性セラミックによってダニを「乾燥退治」する独自技術で、 確実にダニを退治できると第3者機関でも証明されています(ダニ増殖抑制率 100%)。

増殖抑制率100%

▼ダニ捕りロボの誘引剤の乾燥退治効果▼

乾燥

乾燥

また、ダニを強力に引き寄せる誘引力もダニ捕りロボの魅力の一つです!

▼ダニ捕りロボの誘引剤の誘引効果▼

誘引

誘引

この「強力な誘引力」×「乾燥退治効果」を実現しているのは 日革研究所のダニ捕りロボだけ!

さらに、アトピーで苦しむ自分のお孫さんのために開発した商品であるため、食品でも使用されている成分でできており、安全性にもとても配慮しています。 だから、お子様やペットのいるご家庭でも安全に使用できます。

安全性

夏にダニに悩まされたくない!
でも、「育児もあるから毎日のお部屋のお掃除が大変!」「共働きだからそんな頻繁には無理!」という方・・・

そんなあなたにおすすめの年間通して簡単にできるダニ対策商品はこちら!