1.粘着式ダニ取りシートはくっつかない

現在、ダニを退治する様々な商品が販売されています。 その中でも「粘着式ダニ取りシート」を見かけることが多くなったと感じませんか?粘着式ダニ取りシートは、ダニを匂いでおびき寄せて商品内部の粘着テープでくっつけて捕獲する商品です。 比較的安価で購入でき、日頃の家事や子育てで忙しい主婦にとっては、掃除機を使ったダニ退治などと比べると、ただ設置するだけでダニを退治できるのはとても魅力的ですよね。

しかし、「日革研究所」が捕獲実験※1をしたところ、 粘着式ダニ取りシートではダニが捕獲できない※2ことが判明しました。

※1 実験は公平を期すために第三者機関(大阪工業大学 応用物理学部)に委託
※2 粘着シートタイプダニ捕獲器に用いられている粘着シートの粘着力及びダニ補足効果の測定(中間報告)より(大阪工業大学応用物理学部)

2.ダニが粘着剤の上を歩く

いかがでしょうか?せっかく匂いでおびき寄せたダニが捕獲(くっつく)されることなく、歩くことも可能となっています。 なので、粘着シートの上でも動くこともできるので、商品外に逃げ出すかもしれません。

2-1.実験方法

市販されている粘着式ダニ取りシートを数種類準備し、それらの商品の粘着テープ部分にダニを放ち、捕獲できるかどうかを観察する実験を行いました。

手順

  • ①市販されている粘着系ダニ取りシートを数種類準備する
  • ②商品の生地をハサミでカットし、粘着テープ部分を露出させる
  • ③粘着テープの上にダニを散布する
  • ④実体顕微鏡で観察し、録画する

粘着シートにダニを散布

3.なぜダニはくっつかないのか

そもそも粘着テープはどのようにしてくっつくのか。調べてみると以下のように定義されています。

3-1.粘着テープ(剤)に接着する仕組み

粘着の定義

「接着の一種であり、特徴として水、溶剤、熱などを使用せずに、常温で短時間、僅かな圧力を加えるだけで接着すること」

※参照:共同技研化学株式会社「粘着テープの基礎」より http://www.kgk-tape.co.jp/feature/kgkgijyutu.pdf

こちらを今回のケースで考えると、『粘着面(粘着テープ)に圧力(ダニが踏む)が加わることで接着(くっつく)する。』

粘着シートの構造解説

つまり、ここで重要になってくるのが 「圧力(ダニの体重)」と「接触面積(ダニの足の大きさ)」ということになります。

専門家の意見

今回、「日本接着学会」に所属されている、大阪工業大学工学部応用化学科の中村教授にダニと粘着テープの関係をお聞きしたところ、

大阪工業大学 工学部 応用化学科 中村吉伸教授

ダニの質量(重さ)、手足の接触面積および接触時間から、 粘着シートを利用してダニを捕獲することは物理的に不可能です。

大阪工業大学 工学部 応用化学科
中村 吉伸 教授

3-2.ダニの特徴(重さと脚先の形状)

体長0.2㎜〜0.5㎜のダニの足はとても小さく、粘着部分に接触する面積も非常に小さいです。 また、ダニの体重はわずか0.001mg〜0.005mgと非常に軽い生き物です。 つまり接着面に加わる圧力は限りなく小さいと考えられます。結果、粘着シートにくっつかず、自由に歩き回れるのです。

ダニの大きさ

3-3.逆にダニが増殖する?

粘着式ダニ取りシートの誘引剤の匂いで集まってきたダニは、 粘着テープに接着(くっつく)しなかったら、どうなってしまうのでしょうか?そこで「JIS」に基づく試験を実施したところ、 試験開始3ヶ月後には約「400倍」にも増えたという結果がでたのです。 ダニを減らす目的の商品であるのにも関わらず、逆に増やしてしまう商品だという事実がわかりました。

ダニは3ヶ月で400倍に増加

4.まとめ

  • 粘着式ダニ取りシートではダニは取れない
    • ダニが軽すぎる
    • ダニの手足の接触面積が小さい
  • 粘着式ダニ取りシートでダニが増加する
    • 3ヶ月で約400倍

軽くて小さいダニを引き寄せて、退治する商品はこちら!