ダニが多い場所として「布団」と「じゅうたん」がよく挙げられます。
「布団」においては、人の皮膚剥離物がエサとなり、人の体温や寝汗で繁殖のための温度と湿度の調和が取れます。
さらに、布団というもぐりこめる場所があるため、ダニが多い場所として注意が必要です。

同様に、「じゅうたん」はハウスダストや食べこぼしがエサとなり、人の体温や床面との密着状態によって繁殖できる温度と湿度が補完されます。
加えて、ダニが潜り込めるじゅうたんの繊維や素材が、ダニが多い要因となっています。

このようにダニが多い環境である「布団」と「じゅうたん」では、一体どちらにダニが多いのでしょうか?
もちろん、ご家庭の環境やライフスタイルで異なるのですが、今回、ダニを目で観察することができる弊社新商品「ダニ目視キット」を使って、 「布団」と「じゅうたん」のどちらにダニが多いのか調査してみました。

1. 布団とじゅうたん、ダニが多かったのは・・・

布団とじゅうたん-01-01

調査概要は以下の通りです。

日革研究所「ダニ目視キット」を用いた製品モニター調査
調査世帯 10世帯
設置場所 布団とじゅうたん(同一家屋内)
布団の平均ダニ捕獲匹数 45.0±21.5匹
じゅうたんの平均ダニ捕獲匹数 92.1±31.8匹

布団の方がじゅうたんよりも捕獲匹数が多かった家庭 :2世帯
じゅうたんの方が布団よりも捕獲匹数が多かった家庭 :7世帯
*1家庭のみ、じゅうたんと布団のダニ捕獲匹数が同じ

検体数が少ないことが今後の改善点ですが、今回の調査結果から、2019年夏の調査では「じゅうたん」の方がダニが多いという結果になりました。

2. 「じゅうたん」の効果的な対策とは?

布団とじゅうたん-02-01

では、「じゅうたん」で効果的にできるダニ対策とは何でしょう?

基本的に、場所は違えど、一般的なダニ対策としては「温度(高温)」「湿度(乾燥)」「餌(をなくす)」をどうコントロールするかが重要なことです。

ただし、布団と同様に「じゅうたん」も大きいので、洗濯乾燥機での処置は難しく、また、ソファなどの大きな家財を設置しているとさらに大変になります。
そのため、掃除機掛けでダニアレルゲンやダニの餌をなくすことが一つの対策手段として考えられます(生きたダニは吸引できません)。

以前の研究で、「じゅうたん」の対策として週5回掃除機掛けしても、3週間では顕著なダニ匹数の減少やアレルゲン蓄積量の変化はなく、4~5週でようやく減少し始めると報告されています。 一方で、週1回では、ダニ匹数もアレルゲン蓄積量も増加します。*1

そのため、掃除機掛けだけに頼るのではなく、その他の対策と組み合わせて効果的に対策することが重要と考えられます。

日革研究所の「ダニ捕りロボ」と「ダニ捕りマット」。ぜひ、じゅうたんのダニ対策として活用ください。

*1 小峯裕己. 室内微生物汚染 ダニ・カビ 完全対策. 井上書院, 2007: 116-118.

3. 【番外篇】意外と少ない?お布団の掃除機掛け

布団とじゅうたん-03-01

この取組みを通して、布団を掃除機掛けしている人数やその頻度について非常に少なく感じました。
中には、お部屋の掃除頻度を毎日されていても、お布団の掃除機掛けは全くされないという方もいらっしゃいました。

お布団の掃除機掛けについて
掃除頻度 月平均1.9回
(内訳:月に1度も掃除機掛けをしないご家庭 5件)

少し前に、布団用掃除機が話題になり、布団を掃除機掛けされている方がもっとたくさんいらっしゃると予想していたため、今回の結果には少し驚きました。

ダニが繁殖しやすいという条件に加えて、こうした掃除の難しさや面倒さが、布団にダニが多くなる隠れた要因かもしれません。
ただ、洗濯乾燥しづらい布団においては、アレルゲンやダニの餌を吸引除去できる掃除機掛けは有効な手段の一つ。
そして、生きたダニの対策には「ダニ捕りロボ」や「ダニ捕りマット」!
ぜひ、これらの対策を組合わせて、ダニストレスフリーな環境づくりを目指してください。

4. まとめ

  • 2019年夏 ダニが多いのは布団?じゅうたん?
    ・今回の調査ではじゅうたんの方がダニが多かった
  • 「温度(高温)」「湿度(乾燥)」「餌(をなくす)」をどうコントロールするかが重要
  • 掃除機掛けのみで完全なダニ対策は難しく、他の方法と組み合わせた対策が重要
  • 布団を掃除機掛けしている人数やその頻度について非常に少ない

ツメダニやチリダニを直接退治できる「ダニ捕りロボ」はこちら!

商品ラインナップ

ダニ捕りロボ
~交換タイプ~

お部屋の個別スペースに最適

ダニ捕りマット
~使い捨てタイプ~

大切な家族がくつろぐ場所に最適