「布団に入ると体がムズムズする。」
「花粉症じゃないのに朝起きた時くしゃみが出る。」

こんな経験をしたことはありませんか?

「毎年のことだから。」といって、気にも止めないあなた。
もしかすると使っているお布団でダニが繁殖しているかもしれません・・・

一般的に、布団には数万〜数十万匹のダニが存在すると言われています。

その中で、最も多いのが「チリダニ」。家に潜むダニの約80%を占めています。

このチリダニはホコリや人間のフケや垢などをエサとしています。
また、高温多湿(温度:20~30℃、湿度:60~80%)の環境を好みます。

つまり、人の体温(温度)や寝汗(湿度)、フケや垢も溜まりやすいお布団はダニにとって非常に快適な環境なのです。

お布団のダニ対策ならこちらの商品 >>

布団

このチリダニは噛まないものの、非常にやっかいなのはアレルギー性疾患の主な原因の一つであることです。

チリダニの死骸や糞(ダニアレルゲン)に触れたり、吸い込んだりすることで、アレルギー性疾患になります。

特に小さなお子様は、ダニが原因で小児喘息アトピー性皮膚炎といった長くつらい病気に悩まされます。

また、大人だからといって病気にならないというわけではなく、許容範囲を超えると、急にアレルギー性鼻炎喘息が起こる可能性もあります。

症状

そのため、ダニの糞や死骸を除去することが大切なのです。

そして、それらの発生元は生きたダニなので、糞や死骸だけでなく、生きたダニも除去することが大切です!

お布団のダニ対策ならこちらの商品 >>

納得

そんなダニが繁殖しているかもしれない布団で眠りたくないあなたに、とっておきのダニ対策方法をお教えします。

1. 熱(高温)

熱

ダニは50℃の温度であれば数十分〜数時間で死滅します。そのため、お布団全体を50℃以上に保つ布団乾燥機は有効です。
ただ、内部に溜まったダニアレルゲンはそのまま残るので別の対策が必要です。

一方で、温度がそこまで上がらない天日干しには劇的なダニ対策効果はありません。

また、布団を取り込む際に布団を叩くのはNGです。 天日干しでは内部に溜まったダニアレルゲンを除去できていないため、布団を叩くことでダニアレルゲンが空気中に舞ってしまい、くしゃみ等の原因になります。

2. 掃除機がけ

肌荒れ002

掃除機がけはゆっくりていねいにかけることが大切です。
1㎡に30秒程度かけて吸い取るようにしましょう。ダニの糞や死骸の除去に効果があるとされています。

ただし、布団の繊維にしがみつく布団内部に潜む生きたダニにはあまり効果がないようです。

3. 丸洗い

洗濯機2

ダニの糞は水に溶けるため、洗濯などの水洗いは非常に効果的です。
ただ、お布団全体を自宅で洗濯するのは非常に難しいので、業者さんに依頼するようにしましょう。

一方で、生きたダニに対しては、水洗いであまり効果を見込めません。数時間水につけてもダニは完全に死なないためです。 ただ、水洗い後にお布団を乾燥させる必要があり、その際、内部温度が60℃以上になる大型乾燥機の使用は生きたダニに効果的です。

このように色々なダニ対策がありますが、面倒な対策が嫌という方には「ダニ捕りシート」がおすすめです!

最近は非常にたくさんの種類のダニ捕りシートが出ているので、選ぶのが非常に大変です。

そんな時は、「置くだけ・安心・手間いらず」のダニ捕りロボをお勧めします。

実は、日革研究所はダニ専門の研究機関であり、ダニ捕りシートを開発・販売して20年という実績があります。

また、誘引して乾燥する独自技術や、第三者機関立証の安全性も魅力的です。