「冬」は生き物にとって非常に厳しい季節。
ダニにとってもそれは同様で、「低温」「乾燥」と、ダニの3大繁殖条件のうち2つが好ましくない条件となります。
ということは、ダニは冬に増えない?それは本当でしょうか?

チリダニやツメダニは「屋内」に潜むダニです。そのため、外の気温や湿度がそのまま生息環境に当てはまるわけではありません。 それでも、冬は夏に比べて室内の温度も湿度も低くなることは間違いありません。

ただ、現在は、「こたつ」や「ホットカーペット」といった部分的な暖房や、「エアコン」や「オイルヒーター」などのお部屋全体を暖める器具が一般的に普及し、 さらには床下暖房などの技術もあります。

そこで、一般的にダニが多いとされるお布団がある寝室にフォーカスし、冬でもダニが増えるのかについて日革研究所が考えてみました。

1. 暖房器具や建築素材による温湿度の補完

冬の寝室環境とダニ02-01

技術の発達により、人にとって快適な環境を手軽に実現できるようになりました。
特に冬では、温度を快適に保つためオイルヒーターやエアコン、今では、床暖房など次々に新しい暖房技術が導入されています。
そのため、『冬でもダニが繁殖するのでは?』と、考えてしまいます。

実のところ、どうなのでしょうか?

湿度においては、ガスストーブやオイルストーブは湿度を上昇させることが報告されています。
一方で、エアコンは使用することでお部屋の湿度は下がります。
しかし、最近は美容・健康に対する意識が向上し、お部屋を乾燥させないためにも、寝室等の一部の部屋で加湿器や加湿機能付き空気清浄機を使われる方も増え、 室内の湿度が非常に高く保たれるようになりました。

また、温度においては器具によっては、床面よりも天井の方が暖かくなったり、床面のみ暖めたりと、その特性がありますが、全ての暖房器具に暖める効果がありますので、温度は必ず上昇します。
また、現在は建物の気密性の高さや、機能性素材も増えたことから、暖房器具を使わずとも、外気温と比較して寝室の温度が5~10℃ぐらい高く維持される建物も多くなりました。

つまり、ご自宅の構造や暖房器具の性能によって異なりますが、こうした技術の普及は人にとって快適な環境を作ると同時に、 ダニの繁殖にとっても快適な環境に近づけてしまうということです。

これらの基本的な情報を元に、日革研究所では次のような実験を行いました。

2. 人の行動による温湿度の補完

冬の寝室環境とダニ03-01

2017年に弊社のとある社員の布団内部と外の温度/湿度を比較調査した結果、次のようになりました。

[ 温度 ]

図1敷布団と外の温度

[ 湿度 ]

図2敷布団と外の湿度

赤丸が布団内部の温度(上図)と湿度(下図)、青丸が外の温度(上図)と湿度(下図)を示しています。
これらの図から「人の睡眠により布団内部の温度と湿度が高くなる」ことが分かります。

この従業員の布団環境は、睡眠することで温度が25〜30℃、湿度が70〜80%Rhに保たれており、ダニの繁殖に最適な環境となっていました。
一方で、起床後には温度が10〜15℃、湿度が50〜60%Rhに安定しました。

そこで、下記のような実験を行いました。

ダニの生育には不適切な10℃で16時間飼育し、その後、ダニの生育に適切な25℃で8時間飼育するという1日の生活サイクルを10週間続け、 ダニの個体数がどのように変動するか調査しました(湿度は75%Rhで一定)。
つまり、就寝サイクルで確認された温度を擬似的に実験環境に再現して、ダニが増えるかを確認しました。

図3就寝サイクル

その結果、「コナヒョウヒダニ」においてはダニ匹数は増加しないものの減少も認められず、「ヤケヒョウヒダニ」においては緩やかではあるものの個体数が増加していました。

つまり、真冬であっても、布団環境によってはダニが増殖することが判明しました。

コナヒョウヒダニと比較して、ヤケヒョウヒダニは低い湿度に対する抵抗性が高いため、ヤケヒョウヒダニは増えることができたものと思われます。

図4布団環境のダニ増殖

これらの結果より、冬の寒い時期でもお部屋の環境によってはダニが増えると予想されました。

その他、以前の記事で、「長期発育休止前若虫」という越冬可能な形態についてお伝えいたしました。

チリダニの越冬について

ダニは色々な方法で冬を越せそうですね・・・。

冬のダニ繁殖を防ぎ、次のシーズンに持ち込まないためにも、やはり、年間を通した日頃からのダニ対策が重要と思われます。
日革研究所の「ダニ捕りロボ」と「ダニ捕りマット」で、冬のダニ対策に是非ご活用ください。


【この記事で参考にした文献】
OSHIMA, Aiko. On the Humidity Variation of Heating for Concrete House. Journal of Home Economics of Japan, 1963, 14.3: 200-211.

4. まとめ

  • 暖房器具によっては温度や湿度が高くなる。
  • 暖房器具は人にとって快適な環境を再現する。つまり、ダニの繁殖にとっても快適な環境に近づく。
  • 布団では、人の睡眠行動でダニが増える温湿度が補完される。
  • 冬の寒い時期でも、お部屋の環境によってはダニが増える。

季節に関係なくダニを直接退治できる「ダニ捕りロボ」「ダニ捕りマット」はこちら!

商品ラインナップ

ダニ捕りロボ
~交換タイプ~

お部屋の個別スペースに最適

ダニ捕りマット
~使い捨てタイプ~

大切な家族がくつろぐ場所に最適